HOME>会社情報トップ>ニュース&レポート

会社情報

ニュース&レポート

放射性物質に対する取り組みについて

弊社では10月4日以降、放射性物質の測定機器を購入して自主的に計測をしています。すべての結果において長野県から公表されている数値の範囲内で推移しております。

今後とも、各方面からの情報収集に努めるとともに、頻繁な計測を続けます。そして、正しい情報公開をお約束し、弊社が出来うる最善の対策を講じる所存でございますので、どうかご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

(2011年12月19日更新)

2011.8.16  「わさびなめ茸」の外部機関による試験検査結果が出ました。

12日の時点で社内の菌検査にて食中毒菌は不検出でしたが、念のため、社団法人長野県食品衛生協会にも同時に検査を依頼しました。その結果、食中毒菌は検出されず、一般生菌数も衛生規範内の菌数であり、そのほとんどが乳酸菌であることがわかりました。体に害があるものではございませんので、ご安心ください。ただいま、回収に努めております。

(2011年08月16日更新)

2011.8.12 「わさびなめ茸」に関するお客様へのお詫び

昨日午後、高温による「わさびなめ茸」びん詰の劣化が発覚いたしました。ただちに、当該ロット製品を店頭より撤収するとともに、下記の内容で店頭告知を致しております。


お客様へのお詫び
当社で製造しております「わさびなめ茸」瓶詰の一部に、正常品に比べて酸味が強い製品があることが昨日、8月11日に明らかになりました。直ちに全てのお取扱い店様の店頭より、当該ロット(賞味期限2012年6月22日)の製品全ての撤収をお願いし、本日、長野保健所に状況を報告相談するとともに、弊社HPおよび店頭におきましても回収およびお詫びの告知をすることといたしました。
既に、本製品をお買い上げいただきましたお客様には大変ご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。お手数をおかけいたしますが、お手元にございましたら、店頭までお持ちくださるか、あるいは、着払いにてお送りくださいますようお願い申し上げます。
不良品は酸味がございますが、社内で官能検査及び菌検査した結果、食中毒菌由来の酸敗、腐敗ではないことがわかっております。念のため、外部の分析機関による詳しい検査も実施中です。お召し上がりになられても、直接体に害があるものではございませんので、どうかご安心ください。なお、ご不審ご不安な点がございましたら、ご一報ください。
製造日(6月22日)の作業記録から、瓶詰めの殺菌温度等は適正でしたが、急激な猛暑の中での作業となり、かつ、その後の保管場所も、通常より高温であったことから、乳酸発酵が進み、酸味が増してしまったものと思われます。
今後は工場内の室温管理や作業時間などを見直し、菌の抑制、殺菌が十分に行なえるよう全社をあげて取り組む所存でございます。
この度の問題を真摯に受け止め、二度とこのような問題を起こさぬよう万全を期して参りますので、今後とも木の花屋をご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。
  平成23年8月12日           木の花屋 代表 宮城俊木

返品の送り先:〒387-0017長野県千曲市中355 木の花屋本店
お問い合わせ:℡026-274-3001 

(2011年08月12日更新)

嬉しい取材が続きます♪

2011.4.6(水)午後にSBCラジオで春のおいしいものをたずねる番組で、千曲市の本店にお出でいただき、レポーターの方に「桜大根」を召し上がっていただきました。さらに、201.4.16(土)夕方のテレビ(長野放送)でも善光寺門前で”桜を探す”番組の中で、ほんの少しですが、ご紹介いただけるようです。また、13日(水)のテレビ「SBCスペシャル」でも当社の”信州産伝統野菜”の漬物が映る予定です。悲しい災害があっても春はやってきてくれるのです。春の息吹を感じながら、自然に畏敬と感謝の念を抱きつつ、一人ひとりが元気を取り戻して、一歩ずつ前に進みたいものです。

(2011年04月08日更新)

2011.4.2 SBCラジオの新コーナー「漬物の新しい風」が始まりました♪

毎週土曜日の長寿人気ラジオ番組「武田徹のつれづれ散歩道」の最後のコーナー(11:45~12:00)を、第1土曜日のみですが、木の花屋が担当させていただけることになりました。その名も「漬物の新しい風」です。信州の伝統文化が育んだ保存食”漬物”について、木の花屋漬物文化研究所の視点でお話を進めたいと思っています。どうぞ、お楽しみに。

(2011年04月04日更新)

2011.3.5 SBCラジオ「おふくろの味ふるさとの味」に木の花屋大門町店の大日向と本店の保谷が出演します♪

春は♪このはないろ♪ 春色のお漬物をご紹介します。「このはな漬みょうが」「桜大根」「赤ワインらっきょう」「うめ漬」「赤かぶ甘酢漬」と木の花屋には、この時期、自然な優しい“このはな”色のお漬物が5種類あります。

(2011年03月01日更新)

2011.2.5 SBCラジオ「おふくろの味ふるさとの味」に田中本家博物館の田中和仁さんが出演します♪

田中本家博物館は須坂市にあります、豪商の館です。大切なお米や商品を守るためにお屋敷の周りには土蔵がめぐらされています。お屋敷やお宝の豪華さとは裏腹に思えるようですが、物を大切にし、質素を尊ぶ厳しい家訓があるようです。物があふれる昨今、漬物と共通する大切なことを考えさせられる博物館です。息子さんで学芸員の田中和仁さんにお話を伺います。

(2011年02月02日更新)

2011.1.8 SBCラジオ「おふくろの味ふるさとの味」に『しなの木ハウス』の加藤社長が出演します♪

信州サーモンや信州黄金しゃも、ハーブ鶏などの燻製を作っている長野市の㈱カトウの社長と木の花屋の宮城恵美子が出演します。実は木の花屋の社長とは小学校の頃からの幼なじみです。故郷を愛する強い思いはこの幼少期から育まれました。そのせいか、弊社の漬物と『しなの木ハウス』の燻製は相性がいいようです。たとえば、私の一押しは「白うり粕漬と信州サーモンの燻製」ですが、優しい味のハーブ鶏の燻製はどんな漬物ともよく合います。お試しください。

(2011年01月05日更新)

2010.12.4 SBCラジオ「おふくろの味ふるさとの味」に「村山早生ごぼう」生産組合代表の黒岩一雄様が出演します♪

木の花屋では、たくさんの信州伝統野菜を漬物や佃煮にしてきましたが、この度「村山早生ごぼう」の味噌漬と炊き込みご飯の素を作りました。やはり、冬はゴボウですよね♪特にこのゴボウは柔らかくてアクが少ないのが特長です。弊社社長と生産者の代表の黒岩一雄様にそのあたりのお話を伺う予定です。お楽しみに。

(2010年11月27日更新)

2010.11.6 SBCラジオ「おふくろの味ふるさとの味」に品質管理の上沼と営業企画の中沢が出演しました♪

007.jpg

つけもの佃煮の木の花屋が”満を持して”「炊き込みご飯の素」を新発売!その様子を開発担当のお二人お話しさせていただきました。第1弾は『信州産きのこ』です。椎茸やぶなしめじとえのきがたっぷりです。椎茸は飯田で作られたものです。また、高社山のふもとの清水さんご夫妻が丹精込めて作って収穫してくださった蕨もはいっています。堀井先生からも嬉しいご注文をいただきました♪まだ、開発中の『ショウガとごぼう』と合わせて間もなくショッピングのページにアップしますが、1袋400円です。

(2010年11月09日更新)

 次のページ ≫

▲このページの先頭へ