HOME>製造工場トップ

製造工場

製造工場トップ 最近のエントリー

放射能について(2011.12.19)(研究室だより

当初、長野県内では影響がないと考えておりましたが、ホットスポットなどの存在が明らかになるにつれ、弊社でも不安を持ちました。安全確保のため、放射性物質の測定機器の購入を決め、7月に発注をしました。

10月4日に、簡易ではありますが、信頼性が高いとされる測定機(堀場製作所:Radi PA-1000)が入手できましたので、ただちに工場周辺および工場内を検査しました。その後も毎月2回検査しており、入荷する原材料については、入荷の度に測定をしております。

また、麻績村にあります木の花農場におきましても、収穫前、収穫中および終了後に計測しました。さらに、漬け込んだ野沢菜につきましてもタンクごとに測定をしております。

すべての測定結果において、0.02~0.05マイクロシーベルト/時間の範囲内で推移しております。これは、長野県から新聞などに公表されている数値の範囲内であるため、現段階では通常の生産をしております。

今後も計測を継続し、万が一高い値が測定された場合は、ただちに対策をとるべく、万全を期して参りますので、ご安心ください。

(2011年12月19日更新)

使用している原材料(原材料について

木の花屋の商品の原材料となる野菜は全て国産です。

1.自社で栽培しているもの
  野沢菜:聖高原木の花農場

2.契約で栽培しているもの
  白瓜:木の花農場のお手伝いをしてくださる聖高原の農家の方
  さつまいものつる:千曲市内「クロスロード」
  戸隠大根:長野市戸隠「戸隠おろし振興会」

3.長野市周辺の産地から購入しているもの
  丸茄子
  村山早生ゴボウ:須坂市
  八町きゅうり:須坂市
  まこもだけ:長野市 
  長芋:千曲市
  たまねぎ:千曲市
  ぼたごしょう:信濃町
  ほおずき:長野市鬼無里
  
4.長野県内の産地から購入しているもの
  菱野南蛮:小諸市
  せり
  王滝かぶ:王滝村
  山口大根:上田市
  一部のみょうが、きゅうり
  
5.県外の産地から購入しているもの
  らっきょう:福井県三里浜、鹿児島県
  しょうが:高知県
  その他
  

(2011年09月22日更新)

一括表示の社員勉強会をしました。(研究室だより

ラベルの発行や検品担当など、表示に関わる一部の社員だけでなく、全社員が学び、勘違いやミスがないよう心がけていきたいという趣旨の下、勉強会をしました。

弊社では漬物佃煮を中心に製造しておりますが、漬物と佃煮では表示の仕方がずいぶんと違います。大きな違いは漬物は原料原産地の表示が必要で佃煮はその必要がありません。

また、同じ漬物でも、内容量の表記の仕方が違います。「丸なす味噌漬」や「きゅうりてっぽう漬」など、塊の野菜が汁や味噌床に使っている場合は野菜のみの固形量が表示されています。(漬け床や汁の重量は表示されていませんが、是非調味料としてお料理などにお使いください。)「季節の野菜きざみ味噌漬」や「野沢菜しそしょうゆ漬」などは総量表示です。

他にもいろいろと細かい難しいことがありますが、全員が常に向上心を持って努力したいと確認いたしました。

(2010年07月21日更新)

2009.12.5 ISO2200を取得いたしました。(工場だより

%E5%9B%B31.jpg
認証サイト:有限会社宮城商店(木の花屋)
認証範囲:漬物、そう菜、ジャムの製造

社員一同、頑張ります。

(2009年12月29日更新)

鬼無里地区の農家さんと”ほおずき”の商品化を検討します。(新商品開発だより

hoozuki%20006.jpg

木の花菜果のお客様との出会いから、食用のほおずきのことを知りました。
栄養的にもとても価値があり、おいしいということ、栽培が比較的簡単ということと、しかも無農薬で作ることができるから、なんとか量産化をしたいと熱い思いを聞きました。
さっそく、ピクルス、シロップ漬、ジャムの3種類の商品化を目指します。

(2009年09月18日更新)

ISO22000認証取得に向けて1次審査を通過いたしました。(工場だより

CIMG0718.jpg

最初の頃は考え方が理解できなかったり、慣れない資料づくりが大変でした。無謀な決断をしたのではないかと不安に思ったこともありましたが、工場長と品質管理部長、そして社員全員が頑張りよって、なんとかここまで来ました。次の100年のために、年内の取得を目指したいと思っています。
*写真は内部監査の様子です*

(2009年07月24日更新)

新しいスライサーが到着しました♪(スタッフ紹介

CIMG0043.jpg

CIMG0042.jpg

朝礼の前に、外に出ると待望のスライサーが届いていました。
嬉しいですね♪

(2009年06月30日更新)

ISO22000認証取得に向けて、チームを結成致しました。(工場だより

自社ブランド『木の花屋』は、表示義務の有無に関わらず、全て「国産原料」を使用しております。また、保存料・着色料は使用しておりません。
さらに、『木の花菜果』ブランドを中心に、自社栽培の野菜を増やし、「生産者の顔のみえる原材料」を使用しております。また、ここ数年の開発商品は、化学調味料も使用しておりません。

しかし、弊社では、自社ブランド以外に問屋様やメーカー様のご依頼による、いわゆるOEMの製品も製造しています。この場合、輸入原材料の使用も多いのが現状ですし、国内産でも問屋様から仕入れている材料もあります。昨今の食を取り巻く問題を鑑みるにつけ、公正で安全な栽培方法で作られた原料を基本とすることが、いかに大切であるか、考えさせられます。「同じ思いの会社様のOEM製品の製造」とさらに「自分達の目の届く地元原料を基本とする自社ブランドの商品開発」を最優先に考えていきたいと思います。

そして、そのために、ISO22000認証取得に向けて、社員全員の意識の向上を図り、社内はもちろんフードチェーン組織すべてに関わる食品安全のシステムを確立し、お客様にご安心いただける食品をご提供し続けるために一層の努力を致す所存でございます。

来年、弊社は創業100年を迎えます。次の100年もお客様に愛され続ける会社でありたいと切に願っております。

(2008年09月01日更新)

今年もよい白うりが採れました!(工場だより

今年は雨が少なくて心配しましたが、なんとかよいうりになりました。
sirouri%20004.jpg
丁寧に種を取り、洗います。
sirouri%20005.jpg
粕もおいしそう・・・お酒に弱い人は作業中に酔っ払ってしまいそうです。
sirouri%20006.jpg
事務員のOさん、この日はお盆休み返上でお手伝いです。急にカメラを向けられ、緊張気味です。

(2008年08月16日更新)

賞味期限について(研究室だより

食品会社のモラルを考えさせられる事件が相次いでおります・・・・

①新製品の賞味期限は、誰が決めるものなのでしょうか?
②一度決めた賞味期限を、変えていいのでしょうか?
③実験結果でOKになっても、ラベルを張り替えたりして良いのでしょうか?

当社の場合の答えは、下記の通りです。

①当社の研究室で決めます。
②保存試験を重ねた結果、変える事もあります。実際に6ヶ月なり1年間なり保存してから、変更します。
③は絶対いけません!

十分な保存試験を重ねても、保管温度などの条件や農産物の状態により、風味や色が変わってしまう場合もあります。
・・・・難しい問題です。
消費者の信頼を裏切る行為は決してしてはいけません・・・

*弊社では、このように賞味期限を決めているため、初回ロットについては、念のため、賞味期限を短く設定しています。賞味期限がせまっておりますため、「しょうがシトロン」を特売品と致しました。決して古いものではありませんが、できるだけお早めにお召し上がり下さい。

(2007年09月18日更新)

 次のページ ≫

▲このページの先頭へ